bijoux teraguchi Blog

クルクルルーム

Category:日記

流行

2020年2月7日

 

この冬の流行といえば・・・

残念ながら「新型コロナ・ウィルス」という奇妙なウィルスが世界を被っていて、朝から晩まで、刺激的な新しい画像をTV局は入手し、流し続けています。

ウィルス同様の害がある気がします。

 

 

 

 

 

RADO : Green Horse DeLuxe 1970年代・automatic

 

腕時計の歴史にもウィルスに似た流行があって、少し前までは「70年代か!!」と思わせる非常に高額なスポーツ時計の流行がありました。今は山場を過ぎたかな・・・

 

1970年代の主流のスタイルはそれまでの実直真面目な姿から、アバンギャルドなものに変身していった時代でした。多くの名品も生まれており、現在もなお復刻を繰り返すモデルもありますが、これらを極普通の人が着けていたのが面白い時代だったと思えます。

 

 

 

TUDOR :  コバラ /  1963年・手巻き

 

1960年代はこんな感じが主流だったのです。

流行の波というのはすぐにウツルものです。

 

 

 

 

 

 

 

クリックで拡大します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね

如月

2020年2月1日

 

本日

英国のEU離脱の歴史的な日となりました。

 

外の国から眺めているだけながら、残念な気がします。

ベルリンの壁をまた作り始めたような気になります。

 

 

 

 

SEIKO / CROWN SPECIAL  1963年 Cal.341 / 23石手巻

 

 

「セイコー・クラウン・スペシャル」は1961年より製造がはじまり

当時の価格は¥10,000で、準高級機種の位置づけです。

1960年からスタートした「グランド・セイコー」は¥25,000で最高級機種として販売され、25石と僅かに石数が増え、歩度証明書が付き、桐箱に入って販売されています。

 

好みの問題はありますが、「クラウン」はオススメ機種です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クリックで拡大します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ビジュ寺口

 

 

 

 

 

いいね

暖冬の日々

2020年1月19日

どうも今年の一月は冬の実感のない月で、

雨振りの日が多い北陸地方は、晩秋の雰囲気もします。

 

 

 

今月のLPジャケット「TRAFFIC : ON THE ROAD」1973年ドイツ公演ライブ

 

 

 

ここ最近メーカー修理の価格が上がっていて、

ビックリしています。

ロレックスもオメガもパテックも、その他 海外ブランドの大半が

値上げに踏み切っています。その上がり方は1.5倍くらいで、

消費税どころの騒ぎではありません。

 

 

クリックで拡大します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ビジュ寺口

 

 

 

 

 

いいね

2020

2020年1月12日

2020年がはじまりました

あけましておめでとうございます。

 

 

 

 

年始早々色んな問題が起こっていますが、

温かく穏やかな日々でもあり、

正月のボケた頭も徐々に普段に戻ってきています。

 

 

 

LONGINES : 1930年代・ポーセリン文字盤、手巻き、銀ケース

★ ★ ★

 

年末からヒマを見つけて行っていたロンジンの古い時計の

オーバーホールもようやっとこさ完了しました。

 

 

 

 

「スマート」

これが今の時代のキーワードですが、

ワタクシやっぱし、泥臭く仕事をしていきたいと考えています。

天邪鬼

今年もよろしくお願い申し上げます。

 

★ ★ ★

 

 

 

ビジュ寺口

 

 

 

 

 

いいね

2019年の最終回

2019年12月29日

 

今年の営業も今日、明日の午前中を残すのみとなりました。

 

何だか時間の過ぎるのが早すぎて、まだまだ扱いたい時計や

眼鏡があったような気がしています。

 

このように常にモノ足りない状態もまだまだ続きそうな、

悟れないワタクシ

 

来年は「東京五輪」

暮れの整理中、押し入れの中から1964年の「東京五輪」のメダルが出てきました。

 

 

 

 

さて来年はどんな年になるのでしょうか、

今年もお世話になりました。

くる年も何卒よろしくお願い申し上げます。

 

みなさまには穏やかな良い年をお迎え下さいますよう。

 

 

 

ビジュ寺口

 

 

 

 

クリックで拡大します。

いいね

続々・師走

2019年12月20日

ことしもあと10日を残すばかりで気持ちはあせっている

 

毎年同じ事を想い、同じ様に過ごすことになります。

 

そろそろ大掃除のシーズンですが

「めがね」用のコンパウンドでピカピカの

めがねでお正月を迎える、というのもよいかもしれません。

靴磨きがわりと好き、という方には是非オススメします。

 

 

 

 

今年の修理作業は一段落、あとは個人用の時計でも修理するつもりです。ただし、修理品を預かればそちらを優先することになりますので、個人的なモノは常に後回しとなります。

 

 

 

 

LONGINES  :  1920年代・手巻き・SVケース・ホーロー文字盤

 

 

 

 

 

クリックで拡大します。

いいね

続・師走

2019年12月9日

まだ師走の雰囲気は薄い今日この頃

 

お客様に頼まれたCASIO「G-SHOCK」は・・・

ブラックの「ロイヤルオーク」系!!

 

 

GA-2100-1AJF : ¥13,500(税抜)

 

アナログで9時位置のスモセコ・スタイルです。

 

 

 

Jean Paul Menicucci 特注カーフ・ストラップ

イイ雰囲気

 

 

 

 

 

 

 

 

クリックで拡大します。

いいね

師走

2019年12月3日

師走に入りました。

 

スポーツ時計からヴィンテージ時計の季節にドップリ浸かる季節が到来しました。

 

 

 

 

 

 

角型の腕時計に角型のムーブメントが入っていると

得をした気になります。

 

当たり前のようで、当たり前ではなく、単に角型のデザインを描くだけでなく、ムーブメントから製作する手間ヒマがかかっているのです。

 

 

 

師走になり、近撥弦楽器謹製のギターの弦を張替えました。

ボロロロ〜ン

 

 

 

 

 

 

 

 

クリックで拡大します。

いいね

立冬

2019年11月8日

空気がヒンヤリしてきて本日は「立冬」です。

 

もう年末の気分になります。

 

 

Breguet : Aeronavale  1950年代 フランス空軍用

 

小松市の名勝「那谷寺」で今月中秘仏が公開されています。

初公開で、写真撮りは禁止につき、ここでその画像をお見せるすることは出来ませんが、

鎌倉時代の木仏「不動明王」です。

それを目当てに平日にもかかわらず、県外ナンバーの車が大半を占めていました。やはり古い「仏像」ファンは多いのを実感、「古時計」などまだまだ駆け出しモノといったところです。

 

 

 

 

那谷寺の奇岩群はリトル敦煌窟のようで、半分紅葉していました。

月末はスゴイ紅葉が見れると思います。

 

 

 

Jaeger Lecoultre : 「etrier」 1950年代

 

もともと「寺口時計店」とは那谷寺の表参道付近にあり、

初代はその地で時計修理業をはじめた歴史があります。

那谷寺と言う場所は当店にとってルーツを巡る巡礼地でもありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クリックで拡大します。

いいね

Golden Times

2019年10月28日

 

 

MONDAINE :  掛時計

 

限定ゴールデン・クロック

他、ピンク・ゴールドとシルバー色もあります。

 

 

 

bruxelles central station

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クリックで拡大します。

いいね

Category

Archives

  • 2020 (4)
  • 2019 (31)
  • 2018 (44)
  • 2017 (54)
  • 2016 (49)
  • 2015 (34)
  • 2014 (24)

 

pagetop