bijoux teraguchi Blog

クルクルルーム

平成30年度末日

2019年3月29日

 

 

移動する季節

時計の文字盤も時と共に変化して来ました。

 

 

R0020065

 

BENRUS : 1950年代 手巻き

 

R0020066

 

TAKANO : precision 1960年代

 

ここのところの時計界のブームは「エイジング文字盤」

これは1970年代までの時計、特に黒文字盤の経年変化を楽しむことで、時計が於かれた環境による変化により、一本一本違った顔を持つオリジナル性が満足を与えてくれます。

 

現行のモデルでも、ダメージものや経年劣化風夜光は既に出て来ています。

しかし、自然に熟成した文字盤にはかないません。

 

 

 

 

 

 

 

クリックで拡大します。

 

いいね

彼岸時計

2019年3月25日

 

 

彼岸の時計達

 

 

 

R0020054

 

CITIZEN  :  エコドライブ / 大坂なおみモデル

 

 

 

R0020042

 

RECORD  :  Chrongraph  1940年代

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クリックで拡大します。

 

いいね

彼岸過ぎ

2019年3月23日

 

 

彼岸のムーヴメント各種

 

 

ヴィーナス1

 

ヴィーナス・クロノグラフCal.170  :  1940年代

 

好きな機械のひとつです。

 

 

 

R0020005

 

オメガ・スピードマスター : ファースト・スケルトン

 

当時レギュラー品は金色にメッキされた機械でした。

見せるためにかなり磨かれています。

 

 

 

 

DSCN2647

 

パテック・フィリップ : 手巻きキャリバー

 

 

ご自宅に眠っていた、という時計。

家族の誰もがその価値をご存知ない・・・よくある話。

機械にはジュネーブ・スタンプの金色刻印輝いています。

 

 

 

 

クリックで拡大します。

 

いいね

弥生の空

2019年3月5日

 

 

三月は変化の季節

特に今年は「平成」時代の終わりが近づいていて

なんかドギマギ、期待や不安が渦巻いています。

 

 

IMG_9016

 

IMG_9017

 

SEIKO :   CROWN「 SONY TIME  」 1960年代

 

「ソニー・タイマー」ではなく

 

 

IMG_9021

 

Gillian Welch : 「 REVIVAL 」 1996年

 

名盤!!

 

 

 

 

クリックで拡大します。

 

いいね

Category

Archives

  • 2019 (27)
  • 2018 (44)
  • 2017 (54)
  • 2016 (49)
  • 2015 (34)
  • 2014 (24)

 

pagetop