bijoux teraguchi Blog

クルクルルーム

年の差

2020年3月27日

 

 

1964年 セイコー・クロノグラフ手巻き

 

 

 

1983年 セイコー・クロノグラフQUARTZ

 

 

どちらのムーブメントも好きですね

 

 

 

晴天の水曜日は標高1500m付近から北アルプスの夕陽を拝みました。

 

 

 

 

 

 

 

 

クリックで拡大します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね

春の嵐

2020年3月23日

 

世界中に「春の嵐」が吹き荒れています。

 

「東京2020」も延期が視野に入ってきて

先の読めない映画のような世界に突入してきました。

 

 

 

SEIKO : 東京1964 クラウン・クロノグラフ

 

市川昆監督の「東京オリンピック」は何度か観ていて、すごく面白かった印象が強く、競技そのものより、周辺の映像が印象に残っています。同時に笑えるシーンが多かったことも覚えていますが、今回の記録映画はどんな切り口となるのか、河瀬直美監督に期待もしています。

「東京2021」「東京2022」 「東京・・・   」

 

 

Lesca : vintage

 

海外からの荷物は停止状態が続いています。

 

 

 

 

 

 

クリックで拡大します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね

春のはず

2020年3月10日

 

春はスタートの気分が強く、いつもならグワーっと地面からのエネルギーが吹き上がる季節ですが、空回りしてあごがはずれてものも言えない状態の今日この頃です。

退屈にのたうちまわる孫の姿を横目に仕事をしています。

 

 

 

 

「THE とけい」という顔立ちのLONGINES

どちらも非常に古い時代の手巻きですが、ロゴが違うのお分かりでしょうか。

こういった時計は昔から好きで、見つけると入れていますが、意外や好きな方も少なくなく、いつの間にか手元から消えて行きます。

普遍性がありますからでしょうか・・・

 

 

 

「max bill」by JUNGHANS

バウハウスで教鞭をとっていたデザイナー「マックス・ビル」が

ドイツの老舗メーカー「ユンハンス」に依頼して製作した腕時計の復刻版

オリジナルは1960年代に遡り、手巻きで製造されました。

デザイン上の変更は一切許されず、風防も元のアクリル風防、そのカーブをも指定されるそうです。これ以上足す事も、引く事もない時計の姿です。

 

 

今月の一枚はこれか・・・

 

 

"jamming with edward !" 1971年

 

 

 

クリックで拡大します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね

Category

Archives

  • 2020 (16)
  • 2019 (31)
  • 2018 (44)
  • 2017 (54)
  • 2016 (49)
  • 2015 (34)
  • 2014 (24)

 

pagetop