bijoux teraguchi Blog

クルクルルーム

GO TO トラベル#2

2020年10月24日

 

日本の鉄道時計・シチズン「ホーマー」には1980年代からはクォーツになっていきました。これは時代の流れの中では当たり前のことですが、当初はセイコー「19型ポケット時計」同様、5年程の電池寿命のムーブメントが使用されました。

電池は3Vのリチューム電池によるムーブメントですが、数年で、1,5Vのムーブメントに切り替っています。

たぶん、機械のトラブルが多かったのだろうと思います。

 

 

1989年(平成元年)  CITIZEN :  Homer 

 

 

1985年(昭和60年) CITIZEN : Homer ・国鉄広島局

 

顔立ちは同じですが、それぞれの年による違いが面白い鉄道時計です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クリックで拡大します。

いいね

GO TO トラベル

2020年10月15日

「GO TOトラベル」キャンペーンによってようやく人の動きも出てきた様子

 

行楽の秋、やはりどこかに出かけたい気分が高まってきます。

 

 

 

「乗りテツ」「撮りテツ」「読みテツ」「飲みテツ」いろいろな鉄道マニアがありますが、ブツとしては「時計」もマニアの一アイテムではないでしょうか。

 

列車の運転席に置く「19セイコー」懐中時計に対して、腕時計は「ホーマー」に決まっています。どちらも比較的安価に手に入ることで、根強い人気があります。

 

 

 

年式と使用された場所が分かることで、楽しいモノです。

 

 

 

手巻きの機械というだけではなく、秒針を止める機能も付かなければいけないのが、日本の鉄道の厳しさでもあります。

そもそも、時計の発達過程は「軍用」と「鉄道」によるところが大きいのです。

これは全ての技術に言えるでしょうが。

 

 

 

 

 

クリックで拡大します。

いいね

Category

Archives

  • 2020 (17)
  • 2019 (31)
  • 2018 (44)
  • 2017 (54)
  • 2016 (49)
  • 2015 (34)
  • 2014 (24)

 

pagetop