bijoux teraguchi Blog

クルクルルーム

カムバック

2020年12月22日

 

店頭の「Alain Silberstein 」の掛時計「MURALE」が復活しました。

糸が切れて分銅が落下(二度目) 床が破損して、修繕した際、時計内部もかなりダメージが見られたのでメンテナンスをしていました。

 

 

その下にあるのが、

「SEIKO : クリスタルクロノメーター QC-951」です。

 

1963年に開発されたクォーツ時計

3kgもするモノで、1959年5月、オリンピック開催地に東京がえらばれると、セイコーは公式時計の担当、それに向けた時計装置の開発の準備に着手しました。

これまでの時計のイメージを根底から覆す、高精度な水晶時計がこの「QC-951」です。

作動温度範囲は−10〜50°Cで、真夏の炎天下から真冬の氷点下にいたるまで、厳しい使用条件下でも正確に作動する様につくられています。

一般的にクォーツ時計は「セイコー・アストロン35SQ」の1969年と言う事になっていますが、腕時計に先駆けてこんな開発があったのです。

 

 

 

 

クリックで拡大します。

いいね

Category

Archives

  • 2021 (3)
  • 2020 (18)
  • 2019 (31)
  • 2018 (44)
  • 2017 (54)
  • 2016 (49)
  • 2015 (34)
  • 2014 (24)

 

pagetop