bijoux teraguchi Blog

クルクルルーム

マニアなモデル選び

2021年5月18日

 

時計マニアは様々なメーカー、モデルを尊ぶものですが、

「エテルナ」「ナルダン」「ミネルバ」といった日本に於いて、

一般的に知名度の低いメーカーを好まれる方は意外と多くて

 

ロレックス、ブライトリング・・・青いなァ・・・という感じ

ルクルトは許せるけど・・・みたいな感じです。

 

マニアが好まれるそれらは共通してマニュファクチュール、

ムーブメントを自社製造する力があり、見た目非常に地味な場合が

多いことも特徴的です。

 

 

左右共に1970頃の「ETERNA」自動巻き

 

 

ETERNA MATIC  :  ボールベアリングはエテルナが開発した自動巻きローターの機構で、ETA社はETERNAを語源としているようです。

そして、このベアリング式ローターは現在の多くのメーカーが採用しています。

ニコちゃんローターもユニークです。

メーカー・エンブレム「5ドット」はそれを表しています。

 

 ここにもそのマークが・・・

 

見た目地味ですが、永く飽きない時計、いや時間が経つ程

味が深まる時計だと感じています。

 

 

クリックで拡大します。

いいね

ユニークな文字盤

2021年5月11日

 

もはや「経年劣化」といワードは死語に近くなりつつ今日的「経年変化モノ」はgoodアイテムと呼べるでしょう。

また、これは近年新たに発見された大きな鉱脈かもしれません。

なにモノにも通用するオンリーワン!!信仰なのです。

取り分け「ロレックス」の文字盤に於ける変化は価格に直接関与しますので、決して「劣化」などとは呼べなくなってきます。

 

1990年頃から数年間に使用された文字盤は、写真のように変色していく性質を持っているようで、個体差はありますが、「ブラウン・チェンジ」な大化け現象を生み出しています。これが全面的にブラウニーオレンジ色に変化してくれればオンリーワンとなり、急カーブをえがくことになります。

 

 

 

1990年の文字盤 トリチウム夜光との組合せが変化のカギかも

 

1940年代・「speedking」

通称「ユニーク・ダイヤル」と呼ばれているコレクター・アイテム文字盤

 

 

 

 

クリックで拡大します。

いいね

Category

Archives

  • 2022 (3)
  • 2021 (15)
  • 2020 (18)
  • 2019 (31)
  • 2018 (44)
  • 2017 (54)
  • 2016 (49)
  • 2015 (34)
  • 2014 (24)

 

pagetop