bijoux teraguchi Blog

クルクルルーム

東京五輪はじまる

2021年7月24日

「TOKYO2020」が昨日始まりました。

 

1964年から56年振り夏のオリンピックは子供達の脳裏にどんな形で残って行くのでしょうか。

子供の頃56年前の五輪は大きなインパクトがあり、いまでも幾つかの場面は網膜に張り付いています。

 

 

SEIKO 「クラウン・クロノグラフ」1964年製

セイコー・クラウンにクロノ機能をかぶせて出来上がった、国産初の手巻きクロノグラフです。

2時位置のプッシュボタンでスタート、ストップ、リセットを繰り返します。

 

 

 

SEIKO 「クラウン・クロノグラフ」1964年製

五輪の修了後に発表されたモデルで、回転ベゼルがプラスチックからステンレスに変更となり、裏蓋の刻印も聖火マークからイルカマークに変更されます。

 

CITIZEN  「Recordmaster」1967年製

シチズン・レコードマスターは同じく手巻きのクロノグラフですが、

上段プッシュによりスタート、ストップ、下段プッシュでリセットするスタイルになりました。

 

※時計はいずれも参考品です

 

 

 

 

クリックで拡大します。

いいね

近頃気になった時計たち

2021年7月4日

 

風防内のくもり

 

近頃はかなりダメージのあるアンティーク時計が気になっていて、自分でも時々使用していますが、梅雨時の場合、気をつけていても風防内が曇ることがよくあります。非防水の時計の場合仕方ないことではありますが、エアコンの効いた店内で、15分ほどで置いておくと曇りはなくなります。非防水の時計を防水時計にすることは出来ませんので、そこら辺は気をつけてお使い下さい。

 

SEIKO : Crown-Self dater 1950年代・手巻

15分程 エアコンの効いた店内でくもりもとれてきた様子

プラ風防には経年のヒビがありますが、それも気にいっているのでそのまま使用しています。そこから湿気が入ったのかもしれません。

 

水没で水が機械内部に入った時は、すぐに裏蓋を開けて乾燥、あるいはオーバーホールをする必要があります。

 

 

 

ROLEX : Oyster "ROYAL" 1930年代・手巻き

 

かなりのダメージを負った文字盤ですが、これはこれで味わい深いモノです。ムーヴメントのダメージはそれほどではありませんが、裏蓋に3箇所亀裂があって、その部分の修理も必要となりました。

 

 

 

 

 

クリックで拡大します。

いいね

Category

Archives

  • 2022 (8)
  • 2021 (15)
  • 2020 (18)
  • 2019 (31)
  • 2018 (44)
  • 2017 (54)
  • 2016 (49)
  • 2015 (34)
  • 2014 (24)

 

pagetop