bijoux teraguchi Blog

クルクルルーム

梅雨は明けていなかった。

2022年7月19日

 

早すぎる「梅雨明け宣言」後に本格的な「梅雨」がやってきました。

やっぱりね・・・

例年、祇園祭が過ぎて大雨が降った後「梅雨明け」になります。

 

 

 

 

CITIZEN  :  "Alarm-4H " 1965年 手巻き

これからは夏の旅行の季節

昔はケイタイ用の目覚し時計変わりに「シチズン・アラーム」を腕に旅行する人の記録が時々ありました。

いろいろな文字盤のスタイルが存在します。

 

 

 

 

クリックで拡大します。

 

 

 

 

いいね

梅雨明け

2022年7月2日

 

早すぎる「梅雨明け宣言」が6月に出されるや、

真夏の太陽にさらされつづけておりますが、まだ身体的には梅雨の頃で、ついていってない状態ですが、皆様はいかがお過ごしでしょう。

 

時計の入荷はスローペースですが、いろいろなモデルに出会うことが出来ます。

今回は「ロレックス・ヴィンテージ」をご紹介しましょう。

 

 

ROLEX : Oyster Perpetual Chronometer  1957年

 

「ハーフ・バブルバック」と呼ばれていた50年代を象徴するスタイルで、

リューズが示すとおり「スーパー・オイスター」というリューズロックの必要のない

オイスターケースは僅かな期間のみ作られていました。

1950年代になると、アメリカ市場を年頭においた34mm径、その後の紳士用サイズになってきて、40年代までの「バブルバック」の形状からは変化していきます。

ムーヴメントはそれ以前のスタイルですが、外径サイズの拡大に伴い、裏蓋のカーブは浅くなり、「ハーフ・バブル」と呼ばれたわけです。

 

 

 

 

クリックで拡大します。

 

 

 

 

いいね

Category

Archives

  • 2022 (16)
  • 2021 (15)
  • 2020 (18)
  • 2019 (31)
  • 2018 (44)
  • 2017 (54)
  • 2016 (49)
  • 2015 (34)
  • 2014 (24)

 

pagetop