bijoux teraguchi Blog

クルクルルーム

ヴィンテージ秋の顔

2022年9月16日

 

 

9月になっても暑い日々が続いていますが、

意識の上ではもはや夏ではありません。

そこで、「秋」を感じさせてくれそうな時計を紹介します。

 

ROLEX : Oyster "Speedking" 1943年・手巻き

 

文字盤は長年の経年による変色が見られますが、クサビのインデックスと12時下の王冠のゴールドが違和感なく熟成された文字盤に馴染んで、イイ味を醸し出しています。またブルースチールの秒針が深みを添えています。

 

JUNGHANS "max bill" kitchen clock 

 

タイマーを備えたキッチンクロックは65年前、マックスビルとユンハンスのコラボレーションから生み出された最初のプロダクトです。

その後、腕時計の製作を進めることになりました。

今回その美しい形状の時計をユンハンスは今回、オリジナルに忠実に復活させました。

カラー、フォルム、マテリアルは当時と同じように再現されています。

 

 

 

 

 

 

 

クリックで拡大します。

 

 

 

 

いいね

ヴィンテージ時計の顔・初秋

2022年9月3日

 

国産、舶来 ( 死語になりつつありますが・・・ )にかかわらず、ヴィンテージ時計選びに於いて、文字盤がしめるウェイトはかなり大きく、メーカーに次いで文字盤の雰囲気によるところは重要かと思います。

 

SEIKO / Quartz "V. F. A" 1972年

 

カットガラスとブルーグラデーションが美しい「電気モノ」マニア垂涎の時計

毎秒点滅するランプが何ともユニークで、大容量の電池を二個搭載しています。

 

 

SEIKO / " SUPER " Chronometer  1950年代・手巻き

 

スクリューバックのケースを採用した出車式センターセコンドの国産初の本格機種と呼ぶべきモデルです。外径29mmは当時スイスで(パテック・フィリップやロレックス)広く採用されていたサイズです。

文字盤に記された「クロノメーター」は有名なスイスの機関とは無関係で、いわば「カッコイイ」から付けられた感じです。

 

 

 

 

 

クリックで拡大します。

 

 

 

 

いいね

Category

Archives

  • 2022 (16)
  • 2021 (15)
  • 2020 (18)
  • 2019 (31)
  • 2018 (44)
  • 2017 (54)
  • 2016 (49)
  • 2015 (34)
  • 2014 (24)

 

pagetop