bijoux teraguchi Blog

クルクルルーム

2020 は厳しい世界

2019年9月17日

 

東京2020の花形でもある「マラソン」その代表レースの中継を見て思いましたが、厳しい振るい落としの世界だと思いました。

スポーツは本来、楽しむものであるとか、健康の為というものはそこにはなく、ギリギリまで追い込んで、追い込んで、生き残りをかけた崖のような世界でした。

今頃何言ってんの・・・と言われますが・・・

 

 

 

 

SEIKO : Crown Chronograph 1964年 : 3rdモデル

 

1964年秋にはさらに3rdが発表されます。

やはり不評であったのか、ここではカレンダーはなくなっています。

回転ベゼルはダイバーズ・ウォッチのような黒ベゼルに変更され、非常にシンプルな印象を受けます。

 

 

 

裏蓋の刻印は2nd同様、「竜の落とし子」で、ムーヴメントは1stから変更はありません。

1960年代の高度成長期の真只中、マイナーチェンジで新作を売りまくる日本方式は既に確立されているようです。

 

どれが好みかは各々にお任せするとして、こうして1964年日本最初のクロノグラフの歴史がはじまりました。

 

 

 

 

 

24時間 毎分手書きの時分針を書き直されるクロック

 

 

クリックで拡大します。

いいね

Category

Archives

  • 2022 (13)
  • 2021 (15)
  • 2020 (18)
  • 2019 (31)
  • 2018 (44)
  • 2017 (54)
  • 2016 (49)
  • 2015 (34)
  • 2014 (24)

 

pagetop