bijoux teraguchi Blog

クルクルルーム

近頃気になった時計たち

2021年7月4日

 

風防内のくもり

 

近頃はかなりダメージのあるアンティーク時計が気になっていて、自分でも時々使用していますが、梅雨時の場合、気をつけていても風防内が曇ることがよくあります。非防水の時計の場合仕方ないことではありますが、エアコンの効いた店内で、15分ほどで置いておくと曇りはなくなります。非防水の時計を防水時計にすることは出来ませんので、そこら辺は気をつけてお使い下さい。

 

SEIKO : Crown-Self dater 1950年代・手巻

15分程 エアコンの効いた店内でくもりもとれてきた様子

プラ風防には経年のヒビがありますが、それも気にいっているのでそのまま使用しています。そこから湿気が入ったのかもしれません。

 

水没で水が機械内部に入った時は、すぐに裏蓋を開けて乾燥、あるいはオーバーホールをする必要があります。

 

 

 

ROLEX : Oyster "ROYAL" 1930年代・手巻き

 

かなりのダメージを負った文字盤ですが、これはこれで味わい深いモノです。ムーヴメントのダメージはそれほどではありませんが、裏蓋に3箇所亀裂があって、その部分の修理も必要となりました。

 

 

 

 

 

クリックで拡大します。

いいね

Category

Archives

  • 2022 (3)
  • 2021 (15)
  • 2020 (18)
  • 2019 (31)
  • 2018 (44)
  • 2017 (54)
  • 2016 (49)
  • 2015 (34)
  • 2014 (24)

 

pagetop