bijoux teraguchi Blog

クルクルルーム

ヴィンテージ秋の顔

2022年9月16日

 

 

9月になっても暑い日々が続いていますが、

意識の上ではもはや夏ではありません。

そこで、「秋」を感じさせてくれそうな時計を紹介します。

 

ROLEX : Oyster "Speedking" 1943年・手巻き

 

文字盤は長年の経年による変色が見られますが、クサビのインデックスと12時下の王冠のゴールドが違和感なく熟成された文字盤に馴染んで、イイ味を醸し出しています。またブルースチールの秒針が深みを添えています。

 

JUNGHANS "max bill" kitchen clock 

 

タイマーを備えたキッチンクロックは65年前、マックスビルとユンハンスのコラボレーションから生み出された最初のプロダクトです。

その後、腕時計の製作を進めることになりました。

今回その美しい形状の時計をユンハンスは今回、オリジナルに忠実に復活させました。

カラー、フォルム、マテリアルは当時と同じように再現されています。

 

 

 

 

 

 

 

クリックで拡大します。

 

 

 

 

いいね

ヴィンテージ時計の顔・初秋

2022年9月3日

 

国産、舶来 ( 死語になりつつありますが・・・ )にかかわらず、ヴィンテージ時計選びに於いて、文字盤がしめるウェイトはかなり大きく、メーカーに次いで文字盤の雰囲気によるところは重要かと思います。

 

SEIKO / Quartz "V. F. A" 1972年

 

カットガラスとブルーグラデーションが美しい「電気モノ」マニア垂涎の時計

毎秒点滅するランプが何ともユニークで、大容量の電池を二個搭載しています。

 

 

SEIKO / " SUPER " Chronometer  1950年代・手巻き

 

スクリューバックのケースを採用した出車式センターセコンドの国産初の本格機種と呼ぶべきモデルです。外径29mmは当時スイスで(パテック・フィリップやロレックス)広く採用されていたサイズです。

文字盤に記された「クロノメーター」は有名なスイスの機関とは無関係で、いわば「カッコイイ」から付けられた感じです。

 

 

 

 

 

クリックで拡大します。

 

 

 

 

いいね

国産ヴィンテージ時計

2022年8月6日

ブームがもたらす価格の高騰は、物価の高騰とは別次元の事で、ユーザーと共に取り扱う我々にとっても弊害をもたらしていますが、今のところ非常に限られたアイテムに絞られているのが一種の救いかもしれません。

「デイトナ」「ノーチラス」「ロイヤルオーク」

これらは手がつけられない状況なのは、既にご存知のとおりです。

 

ただ、それら以外の腕時計はごく普通に推移していますので、そのれらの中で、面白いモノを探していこうと考えています。

 

 

SEIKOSHA  :  PRECISION  1950年代. S.P.M側・手巻き

「セイコー舎」のレアな角型で、ケースは「サンプラチナ」という戦後希少な素材を使用しています。ツートーンの文字盤が「ロレックス」のPRINCEのようです。

アールデコ型のケースに丸バナナ型ムーブメントを搭載しています。

 

 

CITIZEN  :  カラトラバ風のケース. 1950年代・手巻き

1932年より始まった「パテック・フィリップ」のCALATRAVAシリーズを意識した「シチズン」のレアなモデル。黒文字盤上にはアップのアラビア文字の書体が素晴らしい立体感を持っています。

 

国産の1950年代は私的に一番好むモノが沢山存在しますが、防水性とショックには非常に気を付けなければならないモデルでもあるので、充分説明お聞きになっても購入が必要です。

 

 

クリックで拡大します。

 

 

 

 

いいね

真夏のある日

2022年8月2日

 

「命の危険を感じる暑さにご注意下さい。」

 

最近こういったアナウンスがよく聞かれるようになりました。

なんか極端なコトやモノが多いです。

 

今日、送られてきた時計はそんな時勢とは裏腹に「普通」の良さがありました。

 

JUNGHANS  :  「 max bill 」自動巻き・34mm径・¥220,000(税込)

 

ゴールド・プレートのケースにドーム型サファイアガラスの風防が繊細で上品です。

なんか安心する腕時計です。

 

 

 

 

 

クリックで拡大します。

 

 

 

 

いいね

梅雨は明けていなかった。

2022年7月19日

 

早すぎる「梅雨明け宣言」後に本格的な「梅雨」がやってきました。

やっぱりね・・・

例年、祇園祭が過ぎて大雨が降った後「梅雨明け」になります。

 

 

 

 

CITIZEN  :  "Alarm-4H " 1965年 手巻き

これからは夏の旅行の季節

昔はケイタイ用の目覚し時計変わりに「シチズン・アラーム」を腕に旅行する人の記録が時々ありました。

いろいろな文字盤のスタイルが存在します。

 

 

 

 

クリックで拡大します。

 

 

 

 

いいね

梅雨明け

2022年7月2日

 

早すぎる「梅雨明け宣言」が6月に出されるや、

真夏の太陽にさらされつづけておりますが、まだ身体的には梅雨の頃で、ついていってない状態ですが、皆様はいかがお過ごしでしょう。

 

時計の入荷はスローペースですが、いろいろなモデルに出会うことが出来ます。

今回は「ロレックス・ヴィンテージ」をご紹介しましょう。

 

 

ROLEX : Oyster Perpetual Chronometer  1957年

 

「ハーフ・バブルバック」と呼ばれていた50年代を象徴するスタイルで、

リューズが示すとおり「スーパー・オイスター」というリューズロックの必要のない

オイスターケースは僅かな期間のみ作られていました。

1950年代になると、アメリカ市場を年頭においた34mm径、その後の紳士用サイズになってきて、40年代までの「バブルバック」の形状からは変化していきます。

ムーヴメントはそれ以前のスタイルですが、外径サイズの拡大に伴い、裏蓋のカーブは浅くなり、「ハーフ・バブル」と呼ばれたわけです。

 

 

 

 

クリックで拡大します。

 

 

 

 

いいね

梅雨時

2022年6月6日

 

石川県も「梅雨宣言」が出されました。

今日は一日雨が降っています。

朝、初夏の雨に気持ち良く打たれて、ゴミ出しに行きました。

雨の中を歩くのは久しぶりですが、この季節、雨はなかなか良いものです。

 

 

 

1950年代の「 ORIENT STAR 」

 

 

「オリエント・スター」は現在も人気の時計ですが、

これらはそのオリジナルのモノ達です。

 

 

防水機能や耐ショック機能がまだ付かない時代の手巻きムーブメントを搭載します。

これらはすべて職人さんの手によって完全整備されている状態の時計です。

どうですか、この美しく整ったムーヴメント。

ただし、雨の中を歩く事は出来ませんし、スポーツも出来ません。

 

クリックで拡大します。

 

 

 

 

いいね

桜咲く頃 continues・・・

2022年4月3日

 

石川県の桜はそこまで来ています。

そして新たな年度がスタートします。

 

 

 

(左) hamilton : "Ardmore" USED・Quartz  ¥25,000(税込)

(右) hamilton : 14K・22J "WESLEY" 手巻き・1950年代  ¥270,000(税込)

 

hamilton : VENTURA  "ELVIS 限定モデル" USED ・自動巻き  ¥81,500(税込)

 

 

 

 

 

 

 

クリックで拡大します。

いいね

桜咲く頃

2022年3月28日

 

桜の季節が今年もやってきました。

 

JUNGHANS  :  maxbill  MEGA Solar

2021年 レッド・ドット・デザイン賞を受賞した新作が届きました。

どこにソーラ・パネルがあるのか? 手にするとそのギャップに驚きます。

そして「春」を感じさせてくれる時計です。

 

 

 

桜の花の下で酒盛りする場合でない国もあります。

 

 

 

 

クリックで拡大します。

いいね

バレンタインデー

2022年2月13日

 

今年のバレンタインデーは3連休明けの月曜日と、日程に恵まれないから、チョコレートは期待薄です。

 

SEIKO  :  LOAD-MAVEL 36000振動・1970年代

 

中身が勝負というのは随分昔噺かもしれません。

今はもう見た目が勝負の時代だからです。

 

 

LACO  :  1940年代・German - military

 

 

GALLET & co  :  1940年代

 

ミリタリーウォッチにはムーヴメントも文字盤もケースも、

一般の市販時計にない魅力があり、取扱いも比較的多くなります。

 

時計はミリタリーでも、ウクライナには平和を

 

 

クリックで拡大します。

いいね

Category

Archives

  • 2022 (13)
  • 2021 (15)
  • 2020 (18)
  • 2019 (31)
  • 2018 (44)
  • 2017 (54)
  • 2016 (49)
  • 2015 (34)
  • 2014 (24)

 

pagetop