bijoux teraguchi Blog

クルクルルーム

見た目は50%に過ぎない

2020年11月19日

 

BULOVA : U.S.Airforces

 

1940年代よりアメリカで作られた「ブローバ」のムーブメント

これは1960年代、ショック機能を備えたモノです。

これはスイスの高級時計に組み込まれたムーブメントかと思う程の

クォリティーの高いモノです。当時はアメリカに於いてもこんな

モノ作りが行われていたのでした。

 

 

KING SEIKO : 1967年・手巻き

 

「キングセイコー」のセカンドモデルに於ける改革は秒規制レバーを

組み込まれたことです。ここに手巻きの高級化は完成の域に達しています。

「グランドセイコー」「キングセイコー」共に1960年代のモノはスゴイと

思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

クリックで拡大します。

いいね

GO TO トラベル#2

2020年10月24日

 

日本の鉄道時計・シチズン「ホーマー」には1980年代からはクォーツになっていきました。これは時代の流れの中では当たり前のことですが、当初はセイコー「19型ポケット時計」同様、5年程の電池寿命のムーブメントが使用されました。

電池は3Vのリチューム電池によるムーブメントですが、数年で、1,5Vのムーブメントに切り替っています。

たぶん、機械のトラブルが多かったのだろうと思います。

 

 

1989年(平成元年)  CITIZEN :  Homer 

 

 

1985年(昭和60年) CITIZEN : Homer ・国鉄広島局

 

顔立ちは同じですが、それぞれの年による違いが面白い鉄道時計です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クリックで拡大します。

いいね

GO TO トラベル

2020年10月15日

「GO TOトラベル」キャンペーンによってようやく人の動きも出てきた様子

 

行楽の秋、やはりどこかに出かけたい気分が高まってきます。

 

 

 

「乗りテツ」「撮りテツ」「読みテツ」「飲みテツ」いろいろな鉄道マニアがありますが、ブツとしては「時計」もマニアの一アイテムではないでしょうか。

 

列車の運転席に置く「19セイコー」懐中時計に対して、腕時計は「ホーマー」に決まっています。どちらも比較的安価に手に入ることで、根強い人気があります。

 

 

 

年式と使用された場所が分かることで、楽しいモノです。

 

 

 

手巻きの機械というだけではなく、秒針を止める機能も付かなければいけないのが、日本の鉄道の厳しさでもあります。

そもそも、時計の発達過程は「軍用」と「鉄道」によるところが大きいのです。

これは全ての技術に言えるでしょうが。

 

 

 

 

 

クリックで拡大します。

いいね

夏のおわり

2020年8月31日

 

8月も本日まで、

コロナ禍の日々は続いているので、メリハリに欠けている日々が過ぎています。

 

なかなか手をつけれなかった修理を順番にしていて、

 

 

CITIZEN : 「Crystal Seven」1977年製の自動巻き時計を修理していて、

裏蓋の内側に前回修理の記録が記されており、

それは父親が24年前に修理をした時計でした。

 

「H8.12.28」の前には父親のイニシャルが記されていました。

 

え〜と、今年は平成32年なので・・・ということで、

 

24年経って私が修理をさせて頂けることは、何か幸せを感じてしまいました。

 

 

 

以前よりそのままになって放置していた、

分銅引きの掛時計はかなり古いモノで、詳しい人に見てもらいましたが、

いつのモノか、どこの国かは判明しないまま、修理をしています。

 

 

 

こちらは今年中にできれば良いかなァ〜という感じです。

 

 

 

 

 

 

クリックで拡大します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね

GO TO 営業

2020年7月21日

 

夏の連休前ですが、「梅雨」はつづいています。

 

 

 

 

防水力のない時計は、この時節、風防内部が曇ってきます。

最も気をつけなければいけない季節でもあります。

 

 

 

この春の「ステイホーム」以降、整理、断捨離する方も多いみたいで、

これらの懐中時計も、お客さんからお譲り頂いた品です。

 

1958年製造のセイコー19型懐中時計、1930年代のオメガ懐中時計、

90年も経っていますが、整備後一日一分位の誤差で動いています。

 

連休中は「通常営業」をしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

クリックで拡大します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね

切り替えの季節

2020年6月16日

 

六月に入ってすっかり夏を感じる季節になりましたが、

今年に限っては「新型コロナ」の影響もあって、

ステイホーム・自粛ムードが持続中です。

 

ステイホームで一番多く聞くのは「断捨離」「ネット通販」の話で、

当店で目立つのは、整理していて動かない「修理品」でしょうか。

 

 

 

 

 

 

「断捨離」の波に乗って買取品も期待していますが・・・

 

 

 

 

お使いにならない「ヴィンテージ・ウォッチ」

整理していて机の中から出てきた「動かない時計」等

ございましたら是非ともお持ち下さい。

査定をさせて頂きます。

 

 

 

 

 

 

 

クリックで拡大します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね

6月

2020年6月1日

 

本日から六月に突入しました。

冬に始まったコロナ禍は続いていますが、完全な夏になってしまいました。

 

 

 

夏はダイバーズのシーズン!!

当店では防水モデルの修理後は防水テストを行いますが、

10気圧までのテストです。

ただ、プラ風防のSUBMARINERで潜る方は、さすがに居ないだろう、今日この頃です。

 

vintageのROLEX・スポーツが安く出回らないものかと待ちわびる方も多いこの頃です。

 

 

 

 

 

夏時間として、店の営業時間も少し変更致しました。

 

オープンは10時

クローズは19時

水曜・第四火曜日は定休日となります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クリックで拡大します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね

ステイホーム解除

2020年5月30日

 

本日 から全国的に「ステイホーム」が解除となりました。

 

 

 

 

長かったようで、アッと言う間でもあり、

この期間に日頃出来ない修理や制作を、と考えていましたが、

結局ヒマな時間に甘んじてしまい、何も出来ませんでした。

 

 

 

県内を散策中、寺の境内で見つけた「日時計」

しかし時間は合っていなかった。向きが違うのでしょう。

 

 

 

 

営業時間短縮で、天気の良い日には安宅海岸まで、

チャリで15分、日没が眺められることは得した気分でした。

 

 

 

 

 

クリックで拡大します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね

ステイホーム週間

2020年4月25日

 

本日 から「ステイホーム週間」が始まりました。

 

 

 

CITIZEN : カレンダー・ウォッチ 1951年(昭和27年)

 

 

皆様いかがお過ごしでしょうか。

 

当方の営業は当面 午前10時〜午後6時とさせて頂きます。

 

休日は今までと同じ、毎水曜日と第4火曜日です。

 

「ステイホーム週間」を健やかにお過ごし下さい。

 

 

 

 

 

 

クリックで拡大します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね

緊急事態宣言

2020年4月7日

 

本日 「緊急事態宣言」が発令されます。

 

 

 

HAMILTON : R.A.N  1970年

 

まさか・・生きている間に「緊急事態」が発令されるとは思いませんでした、

という、平和ボケの頭。

 

 

 

 

風間サチコ : 「ディスリンピック2680」2018年

 

風間さんは予言していた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クリックで拡大します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね

Category

Archives

  • 2020 (17)
  • 2019 (31)
  • 2018 (44)
  • 2017 (54)
  • 2016 (49)
  • 2015 (34)
  • 2014 (24)

 

pagetop